更正の請求が必要になるとき、それは、税金を多く納め過ぎたとき、だけではありません。

他にどのようなとき納税者サイドから更正の請求をするかというと、確定申告で納め過ぎた税金の還付額を過少申告していたときです。

この様な場合も、更正の請求をすることが可能です。

ところで、この「更正」「決定」の通知が来るのは、税務へ申告にいくものに関してのみ来るとは限りません。
他にどのような場合、「更正」「決定」通知が来るかというと、国民健康保険についても「更正」「決定」の通知が来ます。

こちらは国民健康保険税というものになってきます。
国民健康保険税の計算も所得によって変わってくるものです。
従って、様々な理由から国民健康保険税の税額の変更などによって「更正」「決定」の通知が来るのです。

住民税などと同じようにこちらは市区町村から「更正」や「決定」の通知が来ることになります。

大切な書類ですので、市区町村から届く通知も必ず良く目を通してください。

私も以前、こういったものではありませんが、市区町村から届いた郵便物の内容をしっかり把握しないままにして放置していたところ、非常に大切な書類であったことが後日発覚し、焦ったという経験があります。

市区町村からは、様々な郵便物が届きます。

税務署からの郵便物であれば、必ず皆さんしっかり内容を読むでしょう。

しかし、市区町村から郵便物が多く届く人ほど、内容をしっかり把握しないでいる可能性が高いので、気をつけましょう。