更生と決定ですが、申告内容に誤りがあった場合や申告内容に漏れのある時決定や更生を行う手続きであったり修正申告となりますよね。

同じようなものだと思っているかもしれませんが更生の請求、修正申告では納税する人が行うもの。

国税曲や税務署などの課税庁は申告書を確認し、税金の払いすぎなどがった場合ちゃんと正しい額に直すことを更生といいます。
ですがこの更正というものにも、納税者が有理となる減額更正、納税者が不利になる増額更生とあるのです。

更生は期限内であれば何度でも行うことができるのですが、一番最初に行ったものを当初変更、次から再更生と呼びます。

決定は申告の必要のあるのに起源なにに申告しなかった場合、税務署などが調査し納税する必要のある税金を決定するものになります。
日本では正しい方法に則って自分で申告し、税金を払う必要があるのですが申告をきちんと行わないと税務署などからの決定がきます。
決定された税金を納めなくてはならなくなるのですが、この決定に不服がある場合更生を求めることもできます。
だけどこれはあまり印象もよくありません。
だって自分でキチンとしていればそういった事態にはならないですからね。
そうしたことにならないように、自分で申告し納税することが大事ですね。

しないのにしてくれたのに、それが不服なんてちょっと考えてしまうものがありますね。